「夢イキ女」の記事

「日刊SPA!」の「夢イキ女」の記事では、「夢イキする女性の共通点はセックスで満足していない事」とありました。
でも私は前日セックスでイッていても翌日寝ている時に夢イキするので、個人差があるのでしょう。
ただ私は自覚している以上に性に貪欲で、セックスでイクだけでは満足出来ていないという可能性もあります。

 

「夢イキ女」の記事

 

イクまでの流れですが、まず寝ている時に誰かにクンニや手マンされている感覚があります。
エッチな夢を見ているのではなく、体感としてあるだけです。
眠っている心地良さとアソコを刺激されている快感の両方が味わえて、天にも昇るほどの気持ち良さです。

 

これがしばらく続き、次は挿入されている感覚になります。
正常位と同じ気持ち良さが多いです。
本当の正常位の様に足を大きく開いてはいませんが、膣の奥にその快感が届きます。
この快感に身を委ねているうちにイッてしまい、同時に目が覚めて終わります。

 

誰かに愛撫や挿入されているというより、何かの物体が私の体をもてあそんでいるみたいな感じです。
ちょっとオカルト的で怖いですが、気持ち良さはセックスとは比較になりません。

 

1番感じる性感帯だけを絶妙な強さで刺激され続ける、極上のひと時です。
コントロールして自分がイキたいと思った時に出来る様になったら、日常のストレスが吹っ飛びそうです。
こんなすごい快感の夢イキですが、今まで身近に体験者は居ません。